2013年03月16日

横浜フリーペーパー『mirea』☆

横浜の地元情報exclamationといえば
フリーペーパーの『mirea』さんです手(パー)
みなとみらいといえば、東急東横線が埼玉からも乗り入れる今、
足を運ばなければ分からない横浜の貴重な情報が、mireaには満載されていまするんるん

行楽の季節、春に向けて必見ですexclamation×2
mirea webはこちらからexclamation⇒ http://mirea-web.jp/

本日発行の最新号は表紙がリニューアルされ、
事前にチョークアートでのお手伝いをご依頼頂きましたぴかぴか(新しい)

mireaの美人スタッフの皆さま、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

チョークアーティストを目指していた会社員の頃、
その時は横浜にも越してきたばかりで
地下鉄の駅でmireaを手にしては横浜情報をよく読んでいましたわーい(嬉しい顔)

最新号、クレジットには、chalk artistとしてご丁寧に私の名前も掲載してくださっていました。
あの時の自分に見せてあげたいです目

posted by YUKI at 01:43| YUKI BOARD WORKS

2013年03月08日

honu!(HAWAII Art Travel 2013/vol.2)

2013年も3月のオアフ島でのイベント出展等で7日間の旅に出ました。
お世話になった方への感謝を込めて、記事にしていきます。
---------------------------------------------------


ウミガメが飽きるほどジロジロ見たかったので
前回のモンクシールと同じく、ノース方面へ探しに行きました目

アリィビーチ(Alii Beach)にはいなかったので、
ラニアケアビーチ(Laniakea Beach)へ。

甲羅干し晴れの様子だけでなく、泳いでいるところだけでなく、
海からあがってくるところが見たいexclamation

泳いでますよ〜目おふたりさまexclamation&question
honu1.JPGhonu2.JPG

息継ぎ〜ひらめき
honu3.JPG








あがってきて〜〜〜ぴかぴか(新しい)










きた〜黒ハート
honu6.JPG

ぷはっあせあせ(飛び散る汗)
honu4.JPG


ずいダッシュ(走り出すさま)
honu5.JPG


ずいずいダッシュ(走り出すさま)しながらチラ見目
honu7.JPG

ずいずいずいずいダッシュ(走り出すさま)
honu8.JPG

休憩。
honu9.JPG

ズーム目
honu10.JPG

後ろからおしりをズームで失礼しますよ〜揺れるハート
honu11.JPG

ダブル〜ハートたち(複数ハート)
『もうちょい行く?』『おぅ』
honu13.JPG

と思いきや、トリプル〜exclamation×2
honu14.JPG

今回の旅、朝5時には起きて早朝から行動していたので、
この時は午前11時くらいだったかと思います。
自然のウミガメさん達ですが、
ビーチにあがってくるとボランティアの人達に守られています。
ボランティアさん達『今日は忙しいわぁ〜!』と、
ぞくぞくあがってくるウミガメさんの顔をファイリングした写真と照らし合わせ
『今日は○○ちゃんがきたわ!』と名前を確認。記録をつけていました。
顔の違いが分かるのねぇ目

『ウミガメさん達が海からあがってくるのはだいたいお昼前後よ、
それにしても今日はみんな同じタイミングできたわね〜右斜め上』と
ボランティアさんのテンションがあがっていたので、
ちょうどタイミングも良かったのかな?

そして野生のウミガメさんは、触ってはダメーです。
ハワイアンモンクシール同様に、一定の距離を保ちます手(パー)

いや〜かわいいっハートたち(複数ハート)
honu12.JPG
posted by YUKI at 05:44| YUKI BOARD WORKS

2013年03月07日

LEI OF LOVE(HAWAII Art Travel 2013/vol.1)

2013年も3月のオアフ島でのイベント出展等で7日間の旅に出ました。
お世話になった方への感謝を込めて、記事にしていきます。
---------------------------------------------------


今回、出発前には多忙を極めてしまい
メールを留守の案内設定にするだけで飛んで行ってしまいました。すみません。。。
頂いたご連絡には、今日から順次お返事をさせていただきます。


今年はホノルルフェスティバル会場内のアート展に作品を出展すること、
これまで出逢った人達と1年振りに会ってお話すること、
そして海亀honuをこの目で飽きるほど、よーーーくよーーーーーく見たい!と、
そんなことで1年振りにオアフ島へ行ってきました。
やっぱり人と人は会ってこそ、描きたいモチーフはこの目で見てこそ
を味わえた旅でしたリゾート

アート展への出展作品ですわーい(嬉しい顔)
Title: LEI OF LOVE
Size: A2

lei of love beach.JPG

『ひとつひとつも綺麗だけど、繋がることで輝きを活かし合う=lei』
という表現をしたかった作品ですぴかぴか(新しい)

モーハワイ(http://www.mo-hawaii.com/)の編集長がお忙しい中に会場に
作品を見に行ってくださり、記事にしてくれました手(チョキ)
http://shun.blog.mo-hawaii.com/7045.html

モーハワイさんのオフィスには、2011年に置いてきた作品があります。
編集長が夜景好きということで、new yorkの夜景ですわーい(嬉しい顔)

編集長とその作品
new york in hawaii.JPG


ホノルルフェスティバルは
昨年までのワークショップで忙しくしていた雰囲気とはまた違い、
展示のみだったことから現地のアート関連の方とお話をする時間を持つことができました。
これまでチョークアートを知らなかったという方から貴重な意見を頂くことができました。

まず、今回の出展作品はもちろん原画を送りましたが、
私が直接お話をするまで関係者の方々は、
『原画ではなく印刷物かと思っていた』という事。
今まで想像をしたこともない感想でした。。。
オイルパステルだけで描かれた絵を見慣れない方たちにとって、
『印刷の出展かと思ったよ〜』ということでした。

そして、これは日本でも同様に言われることですが
チョークアートchalk artというネーミングが、
オイルパステルを使うことを一切想像させないことです。

そしてそして、一般絵画を扱う方に限っては、
チョークアートには文字があることで商業的になり、
サインアートなのか絵画なのか
いまいち分野やアートのポジションがはっきりしないようです。

そういう単純な事も、
飛行機に乗って行かないと直接聞くことのできない貴重な意見です。

でも!

この微妙にまだまだ理解されない新鮮な時間は、
後になって取り戻すことのできない貴重な時期で、
個人的にはこれこそをハワイで楽しんでいます。
そして、決して手っ取り早くではなく
これからも確実に1歩1歩、
チョークアートをチョークアートとして知ってもらう道を
絶対にあきらめずに選ぼうと思いました手(パー)

それにしても、
前回は雨雨雨だったお天気、今回は晴れでした〜晴れ

posted by YUKI at 13:52| YUKI BOARD WORKS

2013年02月02日

HISLEA美術展(作品出展)

2013年3月2日、3日にHonolulu Festival会場コンベンションセンター内で行われる
『HISLEA美術展』に出展致しまするんるん

昨年まで2年間のホノルルフェスティバルでは
ブースを出展しワークショップなどを行っておりましたが
今年は同会場にで行われているHISLEA美術展に出展致します。

やっと作品が出来上がり、あとは期日までに届くのみダッシュ(走り出すさま)
搬出は現地にて受け取らねばらりませんので、それに合わせて短めの旅予定ですリゾート

-----------------------
去年までのホノルルフェスティバルの会場で
たくさんの絵が展示されていたのを見ていたのですが
あれはなんの展示会だろう、、、、と気になっていました。
でも自分のブースの事で余裕がなく、ゆっくりみられる時間がありませんでした。

一方で、
前回の旅の帰国日、空港に向かうまでに
道で絵を売っていたアーティストさんの水彩画が素敵でその方と立ち話をした時
『絵が好きならここのギャラリーに行ってみるといいよ!』と
あるギャラリーを教えてくれました。
でももう帰らなければいけなくて、そのまま帰国。

帰国後にそれを思い出し、『あぁ、来年はそのギャラリーに行こう、、、』と
そのギャラリー名を調べてみたら、この展示会の案内に辿りつきました。

あぁ!あのフェス内の展示会場はこれだったのか!と
ちょびっと気になっていたことがスッキリし、
これもご縁!と感動して出展を決めましたわーい(嬉しい顔)

どうぞ宜しくお願いします手(パー)
posted by YUKI at 04:14| YUKI BOARD WORKS

2013年01月21日

ハワイの楽しみ方

『ハワイはブームだからねぇ』とはよく聞くセリフです、そうだとも思います。
音楽とか、フラとか、ハワイのあれこれに私も魅力を感じるひとりです。

フラを習う人、ウクレレを弾く人、キルトを作る人、ハワイgoodsの買い物専門の人、
旅行に行くことを楽しみに日常を頑張る人、
そして、なかなかハワイには行けなくて未経験だけど、日本でハワイを楽しむ人、
それぞれのハワイの楽しみ方があるんだと思います。

もうひとつ楽しみ方があるとすれば、私はその土地の文化を知るため歴史です。

『ハワイに行ったら日本文化センターに行ってみて!』という私に
興味を持ってくれる人はあまりいませんもうやだ〜(悲しい顔)
100%『通販!?』と聞かれます。

(だからこの記事も独り言のつもりでもうやだ〜(悲しい顔)

この施設には日系移民についての分かりやすい常設展示『おかげさまで』がされています。
nihonbunkacenter.JPG

(移民1世の方の生活は、サトウキビ畑での長時間労働など、
条件はかなり厳しかったようですが、家そのものは本で読むよりもこちらで再現展示をみてからは、
当時の日本を考えればそれほど悪い生活ではなかったのではないか?と思いました)

まだまだ知識不足ですので、はっきりとした書き方は避けますが思ったことがありました。
数年、数十年後のハワイは
私たち日本人にとって、すこし雰囲気が変わるのかもしれない?と。
手(パー)

ハワイのあのwelcomeな雰囲気、日本人が居心地よく感じる文化、
それは勿論、アロハスピリットと言われる彼らの持つココロが最大の理由だと思うのですが

私の個人的な想いとして
日本人がハワイで体験する『楽園にある日本の良さ』
(うまく言えないですがハワイが好きな方なら分かってもらえるかと) というのは

日系人のかたが、サトウキビ畑での労働から離れ
地位を手にするため手に職を活かして、築いてきた商売の継続や名残りでもあり、
さらにその日本文化に影響を受けたハワイ独特のオリジナル文化という一面がありますよね?

そして、現在
日系3世、4世の方が活躍をされている時代ですが
ストライキ、差別、戦争と
強く日本を意識して生きてこられたであろう日系2世の方はご高齢です。

世代を重ねていけば日系人の方の日本の意識は薄まっていき、
(他国からの移民もそうかと)
アメリカ人としての生活文化がどんどん発展していき、
ハワイで感じる雰囲気に、日本人として変化を感じる時代が来るかもしれない

そう思ったりしませんか?

120年、130年の前の、ハワイで日系移民(1世)の働くこの景色。
(ビショップミュージアムの2012年特別展にて撮影)
私たちが見るいまのハワイからさかのぼること、たったの百数十年なんです。
その間、第二次世界大戦があり
いま時代とは違った100年が過ぎたわけですが
写真をみるだけで、今日までの道のりに想像がひろがりませんか?

imin2.JPGimin1.JPGimin3.JPG
imin4.JPG
日本からハワイで生活すべく、家族みんなで持って行った荷物の量が
これだそうです。夢を見ていたとはいえ、やっぱりあの時代にすごい勇気。
posted by YUKI at 19:30| 歴史

2013年01月16日

『ブラックペンシル』の向こう側☆

私たちチョークアーティストが使うマテリアルのひとつ、『ブラックペンシル』。
正式な商品名は、『ファーバーカステル社の水彩鉛筆』のなかの
『アルブレヒトデュ-ラ-』というラインですが、

アルブレヒト デューラーとは、
ドイツの水彩画家、あのデューラーの名前であ〜る
と、いうのをご存知でしたか?

いつも『ブラックペンシル』と呼んでいる、
その色鉛筆の名前になった『デューラー』さんに
500年前の素敵なお話があったのでご紹介手(パー)

デューラーさんは若いころ、ハンスさんという同じ画家を目指す仲間がいました。
2人とも毎日働きながら絵の勉強をすることは難しく、
かといって働かずに画材を買う余裕もない毎日でした。
そこで、ハンスさんはある提案。
『このままでは絵の勉強がままならない。
それならばひとりが働いている間、ひとりが勉強に専念するのはどうか』。
そして、デューラーがまず先に勉強に専念できる環境になったのです。

デューラーさんが2年3年と勉強をしている間、ハンスさんはデューラーさんの為に
お金の稼げる鉄工所で働いたそうです。
そして数年後、いよいよ今度はデューラーが働き、
ハンスさんが勉強できるようになった頃
それまで鉄工所で一生懸命働いたハンスさんの手は
すでにゴツゴツとなり、指が曲がり、繊細な絵は描けない手になっていたそうです。

申し訳なく思ったデューラーさん。
一方ハンスさんは自分の為に申し訳なく思うデューラーさんを想い
『彼が自分の夢まで叶えてくれるよう、そしてこれ以上悲しまないように』と
祈りを捧げた手があの名作

アルブレヒト デューラー『祈りの手』だそうです。
エピソードを知ると、絵の見え方が変わります目

チョークアーティストは
使い慣れているブラックペンシル。

デューラーも偉大だけど、このブラックペンシルが『デューラー』ではなく
『ハンス』と命名されていたら
きっとデューラーも喜ぶし、粋だったのになぁぴかぴか(新しい)

と思った話を、お裾わけひらめき

posted by YUKI at 20:23| YUKI BOARD WORKS

2013年01月07日

Happy New Year!!

皆さまにとって、幸多き1年になりますよう願っておりますぴかぴか(新しい)
今年もどうぞ宜しくお願い致しますexclamation

今年も様々なお仕事に感謝して楽しんでいこうと思います手(グー)

毎日寒いですね雪

この時期になると、毎年早朝のアルバイトを思い出します。
数年前にお教室を始めたころ、私は会社員を思いきって辞めました。
お教室は生徒さんにお越しいただくことで成り立つお仕事ですので
まったく先の見えないお教室初年は、
会社を辞めた代わりに早朝のパン屋さんでアルバイトをしていました。
まだ暗くて寒い午前4時、2駅先のパン屋さんへ行き、
お昼前にバイトを終えてからレッスンをした日も多かったです。
お教室が忙しくなってからは、そのバイトも辞めました。
『なんでお教室は12時からなんですか?』と聞かれることがあると
そのバイトを辞めてからはお話したこともありましたが、
パン屋さんが10時や11時に終わり、帰宅してレッスンを開始できたのが12時だったから、、、
と実はそれが理由です。

そのバイトの時に知り合った仲間はなにかと忙しい人が多かったのですが、
それでも当時、私が少しづつはじめたチョークアートのお仕事を知り
デパートの画材売り場で1日ワークショップをしていた時には、
わざわざ見に来てくれたりもしました。
今もそのパン屋さんの近くを通ると必ず彼女に会いに行きます。

毎年年初がやってきて寒さが増してくると
スノボでワイワイ雪山へ繰り出した会社員時代の冬よりも
『寒いね~』といいながらバイトをしていた地味な毎日を
なぜか強烈に思い出します。

わざわざ時間を作って見にきてくれた彼女のように、
あえて控えめに常に支えてくれている人というのは温かい晴れです。
また慌ただしい毎日がはじまっても
そういう支えにきちんと気がつくようにいたいと、

1月がやって来て思うことです手(チョキ)

posted by YUKI at 02:49| YUKI BOARD WORKS

2012年12月28日

2012年もありがとうございました!!

年内のレッスンは、明日で全てを終了致します。
今年はアトリエの移転もあり、多くの生徒さんや関係者さまにご協力頂きました。
生徒さんがレッスンにお越しになる道中にもまず何事もなく、
この一年を過ごせたことに感謝しておりますぴかぴか(新しい)

たくさんのイベントに出展、出店、参加をし各地に出向いたことで
多くのお客様とお会いできましたるんるん
各イベントにご来場されたであろう方のブログなどで、作品などを取り上げてくださっているのを
偶然発見しては嬉しく拝見したりもしていましたかわいい

制作のご依頼では、手が追いつかずにお断りしなければならない期間も長く
大変恐縮しております。

今年もありがとうございましたexclamation×2

来年2013年に向け、何かと慌ただしく過ごしておりますが
1年の節目として毎日を振り返りながら
来る年を楽しみに過ごしたいと思います。

私のまわりにはぎっくり腰さんが多数ですダッシュ(走り出すさま)
大掃除頑張ったんでしょうねたらーっ(汗)
みんなが早く治ることを願いつつ、私も見習ってかけ込みの大掃除をしたいと思いますっ手(グー)

素敵な年末年始をお過ごしくださいぴかぴか(新しい)
来る年も皆さまにとって素晴らしい1年になりますよう
皆さま、ご家族さまのご多幸を願って☆

2012年12月 YUKI BOARD WORKS
20121228.JPG
posted by YUKI at 19:36| YUKI BOARD WORKS

2012年12月14日

ALOHANAイベント14日から☆

今年最後のイベント『ALOHANA』が始まりますイベント

2012ALOHANA-F-1.jpg
場所:横浜桜木町 ヨコハマ創造都市センター3階
12月14日(金)15:00~19:00
12月15日(土)11:00~19:00
12月16日(日)11:00~17:00
☆入場に500円が掛かりますが、場内でのお買い物の際チケットが500円券として
ご利用いただけるようです。

YUKI BOARD WORKSでは作品の展示を行います。
展示はLED付きの額バージョン(A看板ではなく)が2点あり、
新型の額も楽しんで頂けるよう
前日の今日までに何とかお届けをお願いしましたひらめき

そして、少量ではありますが
シェルのアートが印刷されたオリジナルマグカップを販売致します黒ハート
今後同じデザインで追加制作は致しませんので、世界に10個だけのデザインですわーい(嬉しい顔)
■正面
2012 mug.JPG
■裏
2012 MUG1.JPG
1,500円(税込み)
(そのままプレゼントにもできるよう、フェイクフラワー付ラッピングをしております。)

会場で皆さまのお越しをお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)
posted by YUKI at 02:54| YUKI BOARD WORKS

2012年12月10日

kathy momさん看板(画像頂きました)

先日カメラにおさめるのを忘れてしまった納品看板あせあせ(飛び散る汗)

こんな時、ありがた~い救いの手が黒ハート
教えてくれたmarikoさん&偶然お店に行っていて撮影&ブログで紹介していてくれたyokoさん
ありがとうexclamation×2

yokoさんのブログから画像の拝借許可を頂いたので
掲載しますわーい(嬉しい顔)

これは先日ブログに掲載した面
kathymom-a.jpg

こちらがもうひとつの面
kathymom-b.jpg

---------------------------------------------------------
こちらのkathy momさんもある元町商店街裏通り(クラフトマンシップストリート)には、
いま指折り数えてみたら
私が描かせて頂いたハワイなチョークアートが大小5枚ありますアート

一番長く使って頂いているのが5年前に描いた看板で、
お店の方には『この数年、上達したよね』と言って頂けたので
お売りした看板ながら正直に描きますと

今見るとものすごーく恥ずかしいわけですふらふら

でもお店の方曰く、
『あの時にああやって出逢って、一生懸命リクエストを聞いてくれた事を
 駆け出しで試行錯誤したであろう看板みることで思い出すんだよねぇ。
 時々こっちも自分の数年も振り返っていいもんだよ、壊れるまで使ったらまたオーダーするね』と

なんともウィットに富んだお言葉に救われます。(そういう人になりたいわ揺れるハート
素敵な方たちが私を育ててくださっていますハートたち(複数ハート)

年月とともに汚れもつき、古くなっていくチョークアートは
新品とは違う良さがあります。
お店の顔としてお客様に長く使って頂くことで、初めて私もわかります。

なんだかあの『裏通り』には
私なりの数年が凝縮されているように思えてきました。

誰でもいつでも評論家のようになれるネット時代ですが、
作り手はいつまでも謙虚に、常に初心のキラキラぴかぴか(新しい)した想いを忘れないことが、
技術の向上には一番大切かもわーい(嬉しい顔)
posted by YUKI at 08:28| YUKI BOARD WORKS