2013年01月21日

ハワイの楽しみ方

『ハワイはブームだからねぇ』とはよく聞くセリフです、そうだとも思います。
音楽とか、フラとか、ハワイのあれこれに私も魅力を感じるひとりです。

フラを習う人、ウクレレを弾く人、キルトを作る人、ハワイgoodsの買い物専門の人、
旅行に行くことを楽しみに日常を頑張る人、
そして、なかなかハワイには行けなくて未経験だけど、日本でハワイを楽しむ人、
それぞれのハワイの楽しみ方があるんだと思います。

もうひとつ楽しみ方があるとすれば、私はその土地の文化を知るため歴史です。

『ハワイに行ったら日本文化センターに行ってみて!』という私に
興味を持ってくれる人はあまりいませんもうやだ〜(悲しい顔)
100%『通販!?』と聞かれます。

(だからこの記事も独り言のつもりでもうやだ〜(悲しい顔)

この施設には日系移民についての分かりやすい常設展示『おかげさまで』がされています。
nihonbunkacenter.JPG

(移民1世の方の生活は、サトウキビ畑での長時間労働など、
条件はかなり厳しかったようですが、家そのものは本で読むよりもこちらで再現展示をみてからは、
当時の日本を考えればそれほど悪い生活ではなかったのではないか?と思いました)

まだまだ知識不足ですので、はっきりとした書き方は避けますが思ったことがありました。
数年、数十年後のハワイは
私たち日本人にとって、すこし雰囲気が変わるのかもしれない?と。
手(パー)

ハワイのあのwelcomeな雰囲気、日本人が居心地よく感じる文化、
それは勿論、アロハスピリットと言われる彼らの持つココロが最大の理由だと思うのですが

私の個人的な想いとして
日本人がハワイで体験する『楽園にある日本の良さ』
(うまく言えないですがハワイが好きな方なら分かってもらえるかと) というのは

日系人のかたが、サトウキビ畑での労働から離れ
地位を手にするため手に職を活かして、築いてきた商売の継続や名残りでもあり、
さらにその日本文化に影響を受けたハワイ独特のオリジナル文化という一面がありますよね?

そして、現在
日系3世、4世の方が活躍をされている時代ですが
ストライキ、差別、戦争と
強く日本を意識して生きてこられたであろう日系2世の方はご高齢です。

世代を重ねていけば日系人の方の日本の意識は薄まっていき、
(他国からの移民もそうかと)
アメリカ人としての生活文化がどんどん発展していき、
ハワイで感じる雰囲気に、日本人として変化を感じる時代が来るかもしれない

そう思ったりしませんか?

120年、130年の前の、ハワイで日系移民(1世)の働くこの景色。
(ビショップミュージアムの2012年特別展にて撮影)
私たちが見るいまのハワイからさかのぼること、たったの百数十年なんです。
その間、第二次世界大戦があり
いま時代とは違った100年が過ぎたわけですが
写真をみるだけで、今日までの道のりに想像がひろがりませんか?

imin2.JPGimin1.JPGimin3.JPG
imin4.JPG
日本からハワイで生活すべく、家族みんなで持って行った荷物の量が
これだそうです。夢を見ていたとはいえ、やっぱりあの時代にすごい勇気。
posted by YUKI at 19:30| 歴史