2013年12月27日

ボーンカービングのワークショップ

さかのぼること昨年のIsland Life Style showの出店時、
斜め前のブースで出店してらしたのがハンセン神谷さんhttp://hansenkamiya.com/でした。

ティキやボーンカービングが好きな私は、ハンセンさんの作品を拝見していて、
お会いしたいなぁと思っていましたわーい(嬉しい顔)

出店していると互いに慌ただしく、なかなかご挨拶が出来ないものですが
その時もお声を掛けることが出来たのは、やっと搬出の時。
お疲れでしたでしょうし、搬出の作業中でしたが
ハンセンさんは、作業の手を止めてブースから出てきてくださり、
きちんと目を見てご挨拶してくださいました。
作品を拝見していた時に感じたものとその紳士的な雰囲気がなんだかぴったりだったので
この1年よく覚えていたのですぴかぴか(新しい)

そしてこの年末、縁あってハンセンさんの開催する『ボーンカービング』の
ワークショップに行くことにexclamation×2

削る→磨くの作業、集中して頭のなかが無になります。これは奥が深そうですぴかぴか(新しい)
born1.jpg

仕上げに名前を刻印して頂きました。フリーハンドです!すごい!!
born2.jpg

作るのって楽しいなるんるん
ありがとうございましたexclamation
born3.jpg


歴史の本を読むと、骨で作られるこのフィッシュフックが
その土地や人の移動ルート、思想を掴むたくさんのヒントになってきたようですが
最初は人の骨で作られ、海に出る人のお守りの意味合いが強かったんですよね。

幸せを釣り上げるフィッシュフック、
実は私が作品等に添えるサインも作品を受け取る方の幸せを願い
yukiのYの字でフィッシュフックの形を表現していますわーい(嬉しい顔)
posted by YUKI at 00:20| YUKI BOARD WORKS