2011年08月01日

ハワイとチョークアートと。 (Hawaii Art Travel ~school編~/ vol.2)

2011年6月29日~7月3日 Hawaii Art Travel ~school編~-----------------------
ハワイ・オアフ島の公立学校にてチョークアートの授業を開催してきました。
今回もお世話になった方への感謝を込めて、その様子を更新して参ります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


今回のサマースクールでのチョークアート授業、
そして3月の展示&ライブペイントと、
今年前半は思いがけず色んな事が叶い、よーく分かったことが1つ。



ハワイの人達にチョークアートを知ってもらい、
アートの新しい技術として受け入れてもらい、
看板やアートとして島に溢れ、
そして1つのアートとして『ハワイらしく』根付くまで、
そこに至るまでには、目の前の山はやはり長くて高い!!それはそれは広大。

数年分の想いを抱えて現地に一歩踏み出してみたら、
見ること、描くことを楽しんでくれる人が多く,本当に嬉しかった一方で、
きちんと根付くこと というのはやっぱり大きく違うのだと感じました。


日本のハワイ好きな方には、数年前よりもとても多くの方に
チョークアートを知って頂く事ができました。
でもハワイでは、まだまっさらであることを現実としてはっきり感じました。
はじめの一歩が大きな一歩。my Giant steps!!
どうやら、おばあちゃんになるまで夢を持ち続けられそうですにこにこ
どなたか一緒に、夢のあるおばあちゃんになりませんか!? おじいちゃんでも可。

その昔、着物の美しさに魅了されたハワイの人が、
着物をシャツにして生まれた『アロハシャツ』に代表されるように
私はハワイの人たちが異文化を上手に取り入れ、
それをハワイらしく1つの形にすることが、とても上手だと思っています。

ハワイらしく受け入れられ、
ハワイだからこそ生まれるチョークアートが、
私はいっぱい見たいのです!! みたいみたいみたいっ!!!

これからも色んな道のりがあって、
あーしようか、こーしようかとちいさな選択を繰り返していくのだと思います。


描いている時間に頭のなかが空っぽになったり、
空っぽの頭で描いている指をみつめていると、ふと何かを思いついたりします。
日常で限りある時間やさまざまを、
どう使っていけば夢に近づいていくのか、
やはり好きなものを描き続ける時間のなかで、思いつくのでしょうか。

ハワイとチョークアートと、色んな何かがあれば
ハワイの人はチョークアートを受け入れ、
きっと上手に取り入れてくれるはずです。

まず私にできること、次の1枚を描く!!
 完!!
posted by YUKI at 01:05| YUKI BOARD WORKS